見栄で作った客間が裏目に出るケース

2020.02.12

注文住宅では、家づくりの全てにおいて、自分たち家族の意見を反映させることができます。自分たちの思いを詰め込んだ家は、きっと理想通りに出来上がるはずだと、胸をワクワクさせる方も少なくありません。しかし、施主側の自由度が高いことが、かえって裏目に出てしまうケースも存在しています。

一生に一度の家づくりにおいて、全てにおいて過不足なく、理想の家を作ることは決して簡単ではありません。人間には欲や見栄といった感情も付き物ですし、これらに振り回されて、冷静な判断が難しくなってしまうことも多いからです。

こうした視点で後悔につながりやすいのが、お客様を迎えるための部屋、つまり客間です。客間があればリビングが散らかっていてもさっと室内にお通しできますし、親戚や友人、そして職場の部下や同僚などを、自宅に泊めることもできるかもしれません。計画段階では、その便利さに目を奪われ、積極的に導入を検討する方もいるのではないでしょうか。

しかし冷静に考えれば、自宅に常にお客様が訪れる環境は、非常に特殊です。遠方から親戚や友人が泊まりにきたり、職場の部下が訪れる機会についても、多くても一年に数回というケースがほとんどでしょう。客間のために専用スペースを作るということは、この限られた機会のために犠牲を払うということです。

日本の住宅づくりにおいては、土地や予算の関係から、ある程度のサイズを決定した上で、その中に必要な部屋や設備を落とし込んでいくというパターンも少なくありません。この場合、年に数回しか活躍しない客間のために、普段家族が過ごすスペースが圧迫されることにもなりかねません。お客様のためのスペースが、家族にとって落ち着かない原因になってしまっているとしたら、それは非常に残念なことです。

土地や住宅面積に制限がない場合でも、客間という名目で一部屋余分に作ろうと思えば、確実に建築コストはアップしてしまいます。客間を作って後悔しないかどうかを検討するためには、このような、客間を作った場合に想定されるデメリットについても考慮した上で、冷静に判断する必要があるでしょう。

また少し変わった視点で考えると、客間があることによって、自宅に宿泊する人が増えるというリスクがあります。義理の両親や、気を使わなければならない親戚などが自宅に滞在することに対して、落ち着かない気持ちを感じる方は少なくありません。場合によっては、居候や同居を提案されるケースもあります。

居候や同居に関する問題は、非常にデリケートで根深いものがあります。客間さえなければこんなことにはならなかった、という後悔につながる可能性についても、考慮してみてください。

マイホーム建築後に
後悔しない6つの方法